過去の「本の泉」

「向田邦子」の記事一覧



『天下一品-食いしん坊の記録』 なんだか気になる

165『天下一品-食いしん坊の記録』/小島政二郎/河出書房新社 河出文庫/760円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「向田邦子さんが選んだ食いしん坊に贈る100冊」をご存じでしょうか?
今から40年前の1981年2月、渋谷で開催された書店イベントのために、向田邦子さんが選書したリストです。
向田さんの特集本が出版されると、しばしばとりあげられ、その都度話題になります。

最近では『向田邦子の本棚』で紹介され、また、今年2021年1月、南青山で開催された向田邦子没後40年特別イベント「いま、風が吹いている」の会場内で、100冊すべての本を展示していたと耳にしました。

100冊の書名・作家名を順番にながめているだけでも、想像がふくらみ楽しいです。
たとえば、書名と書名の間に、なんとなく区切りがあるように見える。
きっと男の厨房とか同時代の編集者とか、いくつかのカテゴリーがあったのでは、と仮定してみる。
すると、会場内の様子が浮かび上がってきます。

選ばれていない本について考えるのも、おもしろいです。

気になるのが、食随筆の発展に貢献した作家、小島政二郎(こじままさじろう)氏の本があげられていないことです。[ 続きを読む ]



『向田邦子との二十年』あのころの人たちが、みんなどこかに行ってしまっても

588『向田邦子との二十年』/久世光彦/筑摩書房 ちくま文庫/840円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

2020年の3月に発売された、ちくま文庫『向田邦子ベスト・エッセイ』が、大好評です。
発売後すぐ人気に火が付き、5月の読売新聞「ポケットに一冊」で紹介され大爆発した、という説が有力です。

『向田邦子ベスト・エッセイ』は、新型コロナウィルスの目に見えない不安が行列などの形で町のいたるところに現れたころ、書店の店頭に並びました。

向田邦子作品の底流には、ちゃぶ台を囲んで、家族そろってご飯を食べていた昭和初期の家族の空気が流れています。
かねてから向田作品は人気がありますが、このところの再評価の気配は、ステイホームで家族が顔を合わす時間が増えたことと、かかわりがあるのかもしれません。 [ 続きを読む ]



『向田邦子ベスト・エッセイ』時代は変わり、ますます募るあなたへの憧憬

659『向田邦子ベスト・エッセイ』/向田邦子/筑摩書房 ちくま文庫/900円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

いつのまにか私、向田邦子さんより年上になっちゃったんだ、、、

1981年、51歳で飛行機事故により亡くなった向田邦子。
若い頃から彼女のエッセイを読み続けている読者は、ある時みな同じ感慨にふけるのだなぁと、角田光代さんの解説を読んで実感した。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報