過去の「本の泉」

「重松清」の記事一覧



『季節風 秋』 秋の夕暮れに読みたくなる12編の短編集

912『季節風 秋』/重松清/文藝春秋 文春文庫/590円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

ドラマ化された『流星ワゴン』が代表作の重松清さん。
『季節風』シリーズの「秋」物語です。

[ 続きを読む ]



『ビタミンF』 家族であるがゆえの…

ビタミンF『ビタミンF』/重松清/新潮社/550円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
「あー、なんでこういうことするかな。なんでこんな言い方をするかな(イライラするー!)」

気づけば思い切り感情移入して読み入っていた、私にとってそんな体験をした初めての本です。

家族・家庭にまつわる内容の短編が収められており、各短編で描かれる家族はそれぞれに問題や悩みを抱えています。
家族であるがゆえに、イヤな思い、辛い思いをし、悩む。
[ 続きを読む ]



『希望ヶ丘の人びと』新生活を始めた全ての方におすすめです。

258『希望ヶ丘の人びと』/重松清/講談社/799円(税込)外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
2年前に妻に先立たれた主人公の男性は、妻の育ったふるさと「希望ヶ丘」に中学生の娘、小学生の息子と3人で引っ越し、新生活を始めます。
学校になじめない娘、母親との思い出を追い求めてばかりの息子、また新しく始めた塾にも生徒は集まりません。
そんな中、妻の初恋の人「エーちゃん」が登場します。
矢沢永吉に憧れるキボチュウ(希望ヶ丘中学)の伝説の不良…… [ 続きを読む ]



『星のかけら』親と子、二世代で読んでほしい1冊

星のかけら『星のかけら』/重松清/新潮社/460円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
“星のかけら”
それは持っているだけでどんな辛いことも耐えられるというもの。
しかし、それは交通事故現場に落ちているフロントガラスの破片である。 [ 続きを読む ]



『その日のまえに』 読後に見渡す景色は・・・

907『その日のまえに』/重松清/文春文庫/610円(5%税込)詳細
有隣堂の在庫を探す
「その日」というには足音も立てずにやってくるものなのだと、実際に迎えてみてはじめて知った。「その日」を境にして、昨日までの景色と、そして今日からの景色は確かに違って見えるのに、周囲の人々が何事もなかったかのように歩みを進めていくことにひどく腹が立った。許せなかった。その残酷さが悲しかった。 [ 続きを読む ]



イジメを苦にして自殺した少年の遺書から全てが始まる

十字架『十字架』/重松清/講談社/680円(5%税込)詳細
クラスのイジメを苦に、ひとりの男子生徒が自殺した。
残された遺書には、四人の名前があった。
・永遠に許さない、地獄に落ちろ。と書かれたイジメの主犯格の男子二名
・親友になってくれてありがとう、と名指しされた幼馴染の主人公
・誕生日おめでとう、幸せになってください。と思いを寄せられた女子生徒
「許さない」 「ありがとう」 「ごめんなさい」
その三つの思いを書き残して、男子生徒は死んでしまった。 [ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報