過去の「本の泉」

「食本」の記事一覧



『天下一品-食いしん坊の記録』 なんだか気になる

165『天下一品-食いしん坊の記録』/小島政二郎/河出書房新社 河出文庫/760円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す

「向田邦子さんが選んだ食いしん坊に贈る100冊」をご存じでしょうか?
今から40年前の1981年2月、渋谷で開催された書店イベントのために、向田邦子さんが選書したリストです。
向田さんの特集本が出版されると、しばしばとりあげられ、その都度話題になります。

最近では『向田邦子の本棚』で紹介され、また、今年2021年1月、南青山で開催された向田邦子没後40年特別イベント「いま、風が吹いている」の会場内で、100冊すべての本を展示していたと耳にしました。

100冊の書名・作家名を順番にながめているだけでも、想像がふくらみ楽しいです。
たとえば、書名と書名の間に、なんとなく区切りがあるように見える。
きっと男の厨房とか同時代の編集者とか、いくつかのカテゴリーがあったのでは、と仮定してみる。
すると、会場内の様子が浮かび上がってきます。

選ばれていない本について考えるのも、おもしろいです。

気になるのが、食随筆の発展に貢献した作家、小島政二郎(こじままさじろう)氏の本があげられていないことです。[ 続きを読む ]



『味見したい本』 今は実感がわかないかもしれないけれど

556『味見したい本』/木村衣有子/筑摩書房 ちくま文庫/740円+税外部リンク 
有隣堂の在庫を探す
 
TBSラジオ『伊集院光とラジオと』に、リスナーにとっての思い出の味・思い出のお店が、今どうなっているのかを探す『俺の5つ星』というコーナーがあり、人気です。
活字にならないかと期待していますが、ラジオでしか表現できない巧みな演出なので、難しそう。

なつかしの味というテーマは昔からメディアと相性がよいようで、私達は子どものころから、人生の先輩たちの “なつかしい味ばなし” をテレビ、ラジオ、そして活字で見聞きして育ちました。

懐かしさって、どんどん変わりますね。
[ 続きを読む ]



カテゴリ
記事検索
文中のリンクについて
記事内の書名リンクから、
本の詳細情報をご覧頂けます。
リンク先…HonyaClub.com
運営…日本出版販売(株)
注文・有隣堂での受取も可能です。ご利用の際はHonyaClubの
ご利用ガイド規約をご一読下さい。
「セッションの有効期間が~」と表示された際は、新しいウィンドウを閉じ、もう一度リンクをクリックしてください。




  有隣堂ロゴ  
株式会社 有隣堂
〒244-8585
横浜市戸塚区品濃町881-16

https://www.yurindo.co.jp/


Copyright © YURINDO All Right Reserved.

採用情報

新卒採用・中途採用、アルバイト募集などの求人情報をご覧いただけます
有隣堂 採用情報